各種ポイントを利用して、証券会社で投資信託を購入するようにしています。
タイミングは、月初と月半ば(15日くらい)にしています。100ポイント以上1ポイント単位で投資信託を購入できるのですが、100ポイント貯まる度にいちいち買い付けをするのは面倒くさい。しかし、頻度を減らすと機会損失に繋がるため、ギリギリ許容できる面倒くささが「月2回」という頻度でした。

1月は法人設立によってたくさんお金を使ったので、たくさんポイントがついたのですが、本来これはあまり良いことではないです。ポイントのためにお金使うのは本末転倒ですから。あくまで使わざるを得ないお金に対して最大限の効果を得られるようにする方法の一つですよね。

2月は節約を意識しまして(といっても自炊している訳ではないのでお金はかかる)、今回は2月に使ったクレジットカード利用額でついたポイントがメインです。あんまり多くないはず。
3月は納税があるので、たくさんお金使います。はぁ…。

◆ 積立実績

楽天ポイント → 楽天証券
  3,781 ポイント
eMAXIS Slim先進国株式インデックスを買い付けます。



Vポイント SBI証券
  4,293 ポイント
pontaポイント → auカブコム証券
  10,366 ポイント
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)を買い付けます。


やっぱり、楽天市場で、楽天カードを使って買い物をするので楽天強いですね。


今回の積立額は、計 18,440 ポイントでした。
2024年の累計積立額は累計 71,279 ポイントです。

あと、SMBC日興證券で、昔ahamoを使っていた頃にもらったdポイントを使って買った上場米国(1547)の分配金が入金されていました。
含み益は10,000円いかないくらいで、分配金も300円ばかりですが、忘れずに再投資をしておきました。もともとはahamoにNMPした時にもらった12,000ポイントくらいが元本ですので、再投資しないとその程度ですよね。ポイントって、買い物に使ってしまえばそれで終わりですけれども、金融資産を買って増やすこともできますので。
ただし、投資信託の分配金ってよくないですね。運営元ファンドが利確して20 %の税金がかかり、そこから分配されて20 %の税金がかかるわけですよね。それで私が再投資する、と。非常に効率が悪い。運営元ファンドが利確した後、分配しないでそのまま運用してくれた方がファンドの総資産が増えて、長期的には価値も上がるのですけど。
株の配当と、ファンドの分配金は性質が異なりますので、人にもよりますが、特に若い方は、安易に分配型を選ぶのはよろしくないかと思います。もう働かないので、金融商品からの不労所得が欲しいというのであれば別ですけれども。
まだまだ働けるうちは、別に分配金いらないなあ、って思います。







クレジットカードを使ってもらえるポイントって本当にバカになりませんね。
無利子で1ヶ月お金を貸してくれて、ポイントまでくれるのですから、本当にクレジットカードって素晴らしい。
期間限定ポイントを使ってふるさと納税をして、ふるさと納税で得たポイントで投資とさらなるふるさと納税をして、と相変わらず楽天経済圏をフル活用をしています。

2024年のポイント投資積立実績はこちら。
20240315


過去の実績記事についてはこちら。
2024年1月1回目

2024年1月2回目

2024年2月1回目

2024年2月2回目

2024年3月1回目